So-net無料ブログ作成
プリンセス・プリンセス ブログトップ

アニメも良いぞ!「プリンセス・プリンセス第7話」から [プリンセス・プリンセス]

いや~・・・本当に久しぶりです・・・。(汗)

ここの所ず~~~とカメラにかまけていてキーボードも埃をかぶっています。オマケにこの暑さですので・・・やはりここは・・・

お手軽路線で行ってみましょう~~。(笑)

またまた、お薦めするアニメ「プリンセス・プリンセス」からの情景を・・・。

幼い頃に両親を失い伯父の家に身を寄せた主人公「河野亨」だったが、妹としか思っていなかった従姉妹からの思慕の念にいたたまれず「逃げ出してきた」という、隠された悩みが明らかになる場面。居合わせた友人の四方谷が機転を利かせて「その振り」をし、何とか一難去ったがこれからが大変だ~~というお話ですね。

驚異の「生チュ~~」場面を音だけで想像するのは大変でしょうが、重要なのはそんな事ではなく、BGMですよ~BGM!!(笑)

 

実に深刻な・・・修羅場・・・ですが・・・ 鮮烈な弦楽合奏「True」が大変美しい~~・・・・。

そして、後半は・・・ チェロとピアノの孤独な旋律「ふたりのスローダンス」・・・・

ギャグアニメなのに・・・何て凄いBGMなのか!!!

語られているストーリーの、笑えるけれど切実な内容にピッタリで驚かされます・・・。

お手軽・・・とは言っても、私がこんな事を始めるキッカケがこのお話なので実は最も大事にしているテーマ・・・ジックリと聴いていただけるとありがたい・・・。

作曲の瑞木薫先生の新作が待たれます・・・。 [ぴかぴか(新しい)]


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アニメも良いぞ!「プリンセス・プリンセス」第6話から [プリンセス・プリンセス]

久しぶりですので・・・お手軽路線で行ってみましょう。(笑)

またまた、お薦めするアニメ「プリンセス・プリンセス」からの情景を・・・。

美形家族の中で浮いてしまう地味な自分・・・子供の頃から密かに思い悩んできた坂本秋良が、友人となった「姫」二人に心情を吐露する場面です。「普通」の人から見たら取るに足りないことでも、悩める少年にはそれでは済まない・・・この繊細さに惹かれる私・・・。

前半は第4話と同じ「ソリティア」で、深刻な場面の定番。後半はがらりと変わって、どことなく切なくも明るい雰囲気の「夢咲きぬ」・・・フルートが歌い上げる旋律は、正に天恵の如き美しさです・・・。

 

一番最後でちょっと聴けるのは・・・ それまでの純粋な雰囲気を粉砕する、ギャグアニメとしての、原作者の「照れ隠し」みたなものです。ここは笑って聞き流しましょう。(笑)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アニメも良いぞ!「プリンセス・プリンセス」第4話から [プリンセス・プリンセス]

やはりこれも紹介しておかないとな~・・・。

アニメ「プリンセス・プリンセス」第4話の最後の方からです。 このアニメは、男ばかりの男子高が舞台で、選抜された美少年3人組が女装して「アイドル役」をするという抱腹絶倒ギャグアニメです。基本的には「お笑い的日常」が描かれるのですが、実は彼らには彼らなりの苦しみがあって、所々で泣かせてくれるという私好みの作品なので~す。(笑)

 

流れているのは前半が「ソリティア」、後半が「光のディスティニー」。以前にも紹介しましたが、BGMは瑞木薫先生の作曲で、甘く叙情的で、それでいて凜とした雰囲気も併せ持った傑曲が随所で聴けました。アニメでは、アフレコとの合わせに関しての編集の完成度が今一歩で曲が生かし切れていない面がありましたが、DVDとは別に発売されたキャラクターソングCDでその大半が聴けるので、もし入手できるならば是非どうぞ。[バー]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
プリンセス・プリンセス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。